おにひめちゃんの監視部屋-鬼女、キチママ、修羅場、生活まとめ-

鬼女、修羅場、キチママなどを中心に、2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

おにひめちゃんのTwitter
更新情報は配信。たまにどうでもいいこと呟きます。
おにひめちゃんのRSS
当サイトについて

■ピックアップ■

(*・∀・*)ノココからどうぞ☆↑↑

アンケート
管理人伝言板
・2015年7月17日
※注意※
『おにひめちゃん』のレイアウトを模倣し、成りすました有害サイトがあるとのご報告を受けています。
当ブログとは一切無関係であり、ユーザーの皆様におかれましては何卒ご注意くださいますようご連絡申し上げます。

※削除記事について(※レス43連絡内容です)

※新年のご挨拶(※レス44連絡内容です!)
おすすめ記事
カテゴリー
月別アーカイブ
スポンサードリンク
最新鬼女ネタPICKUP!

田舎

【恐怖体験】深夜の道の駅にて。家族がトイレへ →(後部トランクガチャッ)私が抱き上げられて…私『だから!いいってば!…へ、この男誰!?』 →口を塞がれた!? 次の瞬間・・

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £86


426: 名無しさん@HOME 2013/06/16(日) 09:31:59.00 0

15年くらい昔、家族で盆に車で田舎の祖父の家に向かった 
深夜近くに途中の道の駅で、両親と弟がトイレに降りて 
私は後部座席でウトウトしていた 

ガチャっと音がして、後部のトランクドアが開いて 
誰かが私を抱き上げようとした 
その時は父だと思って「だから、トイレは良いってば!」と振り払おうとしたが 
相手は無言で、私を抱き降ろした 

腕の感触や匂いに違和感を感じて目を開けると、見知らぬ男性だった 

続きを読む !-- 続きを読む下広告 -->

【不思議】我が家の敷地で、ケガを負った子ガラスを発見 →看病後、決まった時間に我が家屋根で『くゎー』と鳴くように →大地震で、引っ越したら予想外の出来事が・・・

引用元: ちょっとした不思議な話や,霊感の話:その52


651: 可愛い奥様 2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:tDWg1YtoO

田舎な我が家。 

数年前何にやられたのか分からないけど、子カラスが怪我をして我が家の敷地内に落ちてた。 

見ゴロしにするのも嫌なのでゴム手して捕まえて段ボールに入れて人間用の消毒液を吹き掛けてから 
水と餌をあげたら程無くして元気になってちゃんと飛べるようになった。 

続きを読む

【ゾッ…】実家の納戸にある鏡に女の子がいた →僕「遊ぶ友達が欲しい」女の子『コッチへ来て遊ぼ?』 →『来れる方法わかったよ、明日遊ぼ?約束ね?』 →数十年後・・・

引用元: 洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part24


914: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/29 13:22

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。 
実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。 
弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じではありませんでした。 
父も母も祖父も、弟が生まれてから、以前ほど私をかまってくれなくなって、 
少し寂しかったのだと思います。 

とにかく、その頃の私は一人遊びで日々を送っていました。 

続きを読む

【新旧】田舎にある、昔からのパン屋さん。オーナーが高齢化引退 →息子夫婦が跡継ぎに…私「ジャムパンは?(好物」夫婦『廃止しました』 →値段も店内もガラリと変わって・・

引用元: ただ聞いて欲しいの!ハイ聞きましょう542


67: 名無しさん@HOME 2019/01/19(土) 21:19:29

田舎の昔からあるパン屋さん 

オーナー高齢化で引退、去年から息子夫婦が継いだ 

昔から変わらない素朴だけど美味しいパンが売りだったのに
息子さんの奥さんが海外でパンの勉強してたらしく 
やたらとオシャレなパンが並ぶようになったし既存のパンも、食パンでさえ味や見た目が変わった 
そこのミルク味の白いコッペパン?に杏ジャム(季節でジャムが変わる)と
マーガリンが挟まったジャムパンが好物だったのに廃止された 

今まではリーズナブルなお値段だったのに素材にこだわりだしてパンも殆ど値上げ 

お店の内装もリフォームして雰囲気もガラッと変わって
(ボロかったけど清潔感はちゃんとあってノスタルジックでよかったのに) 

常連さんたちはブーイング 

続きを読む

【恐怖】田舎の山へ虫捕り →俺たち『大物がいるかも!網に入らなかったらどうしよw』 →従兄弟「ごめん、その辺でトイレする…」 →「(悲鳴!!」『(未知の怪生物!!?』

引用元: シぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?239


596: 豊穣の山 1 2010/04/03(土) 02:56:20 ID:8itWCBvw0

心霊ネタではないが、頭の痛くなる恐怖体験を。 

もう20年以上昔になる。 
当時小学校低学年だった俺は、家族で緑豊かな田舎に盆帰りしていた。 
久しぶりに会う同い年の従兄弟と虫網片手にそこら中の虫を捕って楽しんでいた。 
都会では感じられない開放感。いつしか二人でじいちゃん家の裏にある山に足を向けた。 

「大物がいるかも知れないね」 
「網に入りきらなかったらどうしよう」 
突然変異でもない限り、そんな虫はなかなかあり得ないが、 
山の中はそんな期待をも抱いてしまうほど、豊穣な命が溢れていた。 
しばらく二人で駆け回っていたが、急に従兄弟が立ち止まった。 

「ごめん。un**したい」 
何故謝るのか分からないが、従兄弟は申し訳なさそうだ。 
「家に帰る?」 
「ううん。我慢出来ない」 
従兄弟は少し離れた草藪にしゃがみ込んでズボンを下ろし始めた。 

続きを読む
記事の検索
用語集
◆鬼女
┗既婚女性
用語集ページはこちら
こんな記事も読まれています
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス解析
スポンサードリンク