おにひめちゃんの監視部屋-鬼女、キチママ、修羅場、生活まとめ-

鬼女、修羅場、キチママなどを中心に、2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

おにひめちゃんのTwitter
更新情報は配信。たまにどうでもいいこと呟きます。
おにひめちゃんのRSS
当サイトについて

■ピックアップ■

(*・∀・*)ノココからどうぞ☆↑↑

アンケート
管理人伝言板
・2015年7月17日
※注意※
『おにひめちゃん』のレイアウトを模倣し、成りすました有害サイトがあるとのご報告を受けています。
当ブログとは一切無関係であり、ユーザーの皆様におかれましては何卒ご注意くださいますようご連絡申し上げます。

※削除記事について(※レス43連絡内容です)

※新年のご挨拶(※レス44連絡内容です!)
おすすめ記事
カテゴリー
月別アーカイブ
スポンサードリンク
最新鬼女ネタPICKUP!

怖い話

【ゾッ…】実家の納戸にある鏡に女の子がいた →僕「遊ぶ友達が欲しい」女の子『コッチへ来て遊ぼ?』 →『来れる方法わかったよ、明日遊ぼ?約束ね?』 →数十年後・・・

引用元: 洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part24


914: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/29 13:22

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。 
実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。 
弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じではありませんでした。 
父も母も祖父も、弟が生まれてから、以前ほど私をかまってくれなくなって、 
少し寂しかったのだと思います。 

とにかく、その頃の私は一人遊びで日々を送っていました。 

続きを読む !-- 続きを読む下広告 -->

【ゾッ…】「天明の大飢饉」のある地域の様子 →ある一家は夫を食べ我が子も食べ →ボウ命で隣村を攻め…未だにコロした人間以上に人口が増えない。そして・・

引用元: シぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?232


523: 本当にあった怖い名無し 2009/12/03(木) 20:31:26 ID:BZo7Jb+o0
オカルトではないけど歴史の話でちょっと面白かったので投下 

まぁ怖い話と言うかウチの地域(山間部)で実際に起こった歴史なんだけどさ 

1783〜4年は世に名高い「天明の大飢饉」が起こり、我が南部藩でも沢山の人間がシんだ 
南部藩がまとめた『南部史要』によると、餓シ者が40850人、病シ者23848人、 
一家全滅で空き家になった家は10545戸にも及んだという 

続きを読む

【まさか】バイト先の怖い話で…ある人『近所に沼に囲まれた古い家があって…夜に不気味な声が聞こえてきて…』みんな「行こうよ!どこ?」 →衝撃の回答が・・・

引用元: ほんのりと怖い話スレ その94


782: 本当にあった怖い名無し 2013/06/16(日) 22:32:52 ID:zk315/SpO

バイトの子たちと一緒の飲み会でふと怖い話大会になり、

一人が
「近所の家なんですが」と話し始めた

続きを読む

【ゾッ…】毎週(月)必ず休む新入社員 →上司「お前行って来い」俺『はい!』 →新入社員「…先輩、何してんすか?ぶっコロすからなあ!」『誰かああああ!助けて下さいいい!!』

引用元: シぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?308


159: 本当にあった怖い名無し 2013/01/22(火) 21:31:45.14 ID:0YUqso3f0
心霊系じゃないけどマジで命の危機を感じた経験。空気読まず投下 

去年の年末の話。 
俺が務めている部署に新入社員が一人入ってきたのよ。
中途でね。洒落たメガネをかけた今時の青年だった。 
俺が教育係を任されたんだけど、仕事は凄い出来るのね。

俺入社3年目なんだけど、俺の1年目 
とは比べ物にならないくらい出来るのよ。
こりゃーいいのが入ってきたわーって部署内で喜んでたんだ。 

で、そいつが入社して1週間経った休み明け、風邪で休むと連絡があった。 
今年は糞寒いし、しょうがないかなーって感じで特に気にもしなかった。 

続きを読む

【ゾッ…】夜中に。突然、起こされ着替えさせられ…私(ぐすん。涙)母「・・・」父『もういい』3日目に車で母の実家へ →以降、父に会うことはなく、衝撃の真相が・・

引用元: 怖い話@生活版Part16


727: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/07(月) 00:07:30 ID:FvoBHh5S
5歳の時、夜中に母に起こされて服を着替えさせられた。 
母は何も言わずに私の服のボタンを留めていたが私はもう眠くて眠くてぐずり始めた。 
すると廊下にいた父が「もういい」と言って、私はまたパジャマに着替えさせられて寝た。 

次の日また母に夜中に起こされ着替えさせられた。 
母は私のボタンを留めながら小声で「昨日みたいに泣きなさい、早く」というのだが 
私はボーッとしてただボタンを留めていく母の指を見ていた。 
すると今度は3歳の弟が眠いとぐずりだした。

またもや父が「もういい」と言い、その日も就寝した。 

次の日、母は私と弟を車に乗せ母の実家に向かった。 

続きを読む
記事の検索
用語集
◆鬼女
┗既婚女性
用語集ページはこちら
こんな記事も読まれています
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス解析
スポンサードリンク