おにひめちゃんの監視部屋-鬼女、キチママ、修羅場、生活まとめ-

鬼女、修羅場、キチママなどを中心に、2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

おにひめちゃんのTwitter
更新情報は配信。たまにどうでもいいこと呟きます。
おにひめちゃんのRSS
当サイトについて

■ピックアップ■

(*・∀・*)ノココからどうぞ☆↑↑

アンケート
管理人伝言板
・2015年7月17日
※注意※
『おにひめちゃん』のレイアウトを模倣し、成りすました有害サイトがあるとのご報告を受けています。
当ブログとは一切無関係であり、ユーザーの皆様におかれましては何卒ご注意くださいますようご連絡申し上げます。

※削除記事について(※レス43連絡内容です)

※新年のご挨拶(※レス44連絡内容です!)
おすすめ記事
カテゴリー
月別アーカイブ
スポンサードリンク
最新鬼女ネタPICKUP!

対面

【本末転倒】バリキャリタイプの社員『子供に飲ませるジュースは果汁100%のものを水で半分に薄めて飲ませてる』→こっそりとジュースを飲ませてみると・・

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その12


711: 名無しさん@おーぷん 2016/04/13(水)14:09:43 ID:y5S
数年前に勤めてた会社のアラフォーの女性社員の子育てが衝撃的だった

バリキャリタイプで子供は息子さんが1人
「子供に飲ませるジュースは果汁100%のものを水で半分に薄めて飲ませてる」
って雑談で言ってた事があった

続きを読む
スポンサードリンク

【黒】看護婦さん「先に、旦那さんと姉関係者のみ入ってください」俺(…??)→しばらく待って部屋に入ると、姉が真顔で赤ん坊を抱いていたが・・

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £121


136: 名無しさん@HOME 2017/03/10(金) 00:21:21.93
姉ちゃんが赤ちゃんを産んだ。 

姉旦那と姉旦那家族。 
そして俺の家族が病室の外で待ってる時に看護婦さんが病室から出てきた。 
「おお!産まれたか!?」と一斉に中に入ろうとするも看護婦さんに制止される。 

続きを読む

【4/4】私両親「義実家の世話をしていくことになるぞ?』私(なんて薄情な親なんだろう…)捨て台詞を吐いて出てきた結果→私(親が正しかった。いまさら連絡できないのかな・・)

引用元: ★安心して義実家の悩みを相談できるスレ★55


※前の話は、コチラです!
■【1/4】 ■【2/4】 ■【3/4】
(※記事公開後、リンクが繋がります。ご了承ください。m(_ _)m)


817: ◆0q0NdopK7k 2011/06/29(水) 12:05:07.42
私には旦那と結婚してから親友なんていなくなって親族もいない。 
どこにも預けるところがないけど、出産で入院中は危ないよね? 
こんな時どこに預けたらいいんだろ? 
旦那はすがってくるのかな?

子供は楽しみとも言うけど伯父似だったらどうしようとも言うし。
旦那兄は旦那母似で旦那は家族誰にも似て無い。 


続きを読む

【捜索】俺「ハンコどこ?」母『クローゼットにあるから』俺(…ないけど、何コレ?妊婦の母と知らない男の写真?下に俺の名前と妊娠8ヶ月…?)

引用元: 男子高校生だけど実の父親に会いに行った結果


1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/04(土)00:17:41 ID:9dVbIHRGe
泣いた
立ったら書きます。

8: 名無しさん@おーぷん 2014/10/04(土)00:21:42 ID:9dVbIHRGe
吐き出させてください。

家族構成
5人家族
父(結局種違いだった)製造業43歳
母 43歳
俺17歳 高校2年
次男 15歳 中3
三男 10歳 小4

書きためて無いので遅いです。暇なら見て下さい。


9: 名無しさん@おーぷん 2014/10/04(土)00:22:17 ID:vunY7b4gj
種違いとな。

10: 名無しさん@おーぷん 2014/10/04(土)00:22:31 ID:7sxZjF1vv
ほう


続きを読む

憧れの作家さんに初対面。すると友人『駄作だね』私「ずっと好きって言ってたじゃん…」友人『駄作なの!きらい!』→数年後。変わり果てた友は・・・

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その8


803: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:57:09 ID:OM8
 
人がファンからアンチ、
最終的に狂人と化す様を見聞きしたのが衝撃的だった。

私と大学以来の友人Aは共に読書が趣味で、在学中から好きな小説について語り合ったり、
お勧めのものを貸し合ったりしていた。卒業後も月2回以上は会う仲だった。


あるとき、私たちはとある女性作家の作品と出会った。
その作家の作品は少々癖があり、好き嫌いが分かれるのだけど、私とAはどんどんはまっていった。
作中には複雑な事情を抱えた一癖も二癖もあるキャラクターが数多く登場するのだけれど
自身も家族関係で苦労してきたというAは
「この感覚が分かる人ってなかなかいないと思う。彼女は本物だ」と感動しきりだった。
 
続きを読む
記事の検索
用語集
◆鬼女
┗既婚女性
用語集ページはこちら
こんな記事も読まれています
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス解析
スポンサードリンク