おにひめちゃんの監視部屋-鬼女、キチママ、修羅場、生活まとめ-

鬼女、修羅場、キチママなどを中心に、2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

管理人伝言板
・2015年7月17日
※注意※
『おにひめちゃん』のレイアウトを模倣し、成りすました有害サイトがあるとのご報告を受けています。
当ブログとは一切無関係であり、ユーザーの皆様におかれましては何卒ご注意くださいますようご連絡申し上げます。

※削除記事について(※レス43連絡内容です)

※新年のご挨拶(※レス44連絡内容です!)
スポンサードリンク
おすすめ記事
カテゴリー
月別アーカイブ
スポンサードリンク

スポンサードリンク

最新鬼女ネタPICKUP!

危機一髪

義実家「公開授ニュウ見せろ!」コトメに服を捲し上げられ…その瞬間、ウト『貴様ら恥を知れ!おい夫、この馬鹿者!おまえが止めんか!!!』→その後、夫は・・・

引用元: 【宣戦】義実家にしたスカッとするDQ返し【布告】


655: 名無しさん@HOME 2007/01/23(火) 17:06:48
義実家で公開授ニュウをしつこくせがまれ、挙句義妹に服を 
捲し上げられた瞬間、私よりコンマ一秒早くブチ切れ、 
トメ、夫、義兄、義妹夫婦に向かって 

「この変態どもが!貴様ら恥を知れ!! 
(夫)!お前が止めんか!この馬鹿が! 
(私)さんと(赤)ちゃん、今日はわざわざありがとうな。 
さあさあ(荷物を持って玄関へエスコート) 

続きを読む
スポンサードリンク

スカウトされるくらいに可愛い妹。怪しい男3人組に囲まれ、顔を腫らし涙を流し…私(コイツら!妹に何かしたな!!)→気付くと血塗れの私と男たちで・・・

引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その3】


▽この話は「姉視点」です。

18: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)16:04:23 ID:6lMR7NSmV
すみません、初書き込みです。

私には妹がいるのですが、誰に似たのか可愛い。モデルにスカウトされること数回。
自慢。進学で私が住んでる町の少し離れたところに引っ越してきた。一緒に住んでも良かったのだが、親の自立の為には一人暮らしが必要という方針のもと、妹と近距離別居。
とはいえ心配でご飯差し入れたり、雑貨をわけたりと交流は頻繁だった。

いつものように、おかずのお裾分けにと妹のバイト終わりに自転車で妹の家へ向かった。そしたら防犯ブザーの音がかすかに聞こえる。嫌な予感がして激こぎして向かうと3人くらいに囲まれてる我が妹。

いったいどういうつもりか聞こうと近寄るとなぐりかかってきた。

続きを読む

先輩とタクシーに乗車。タクシーの運転手「うーん、うーん」俺「どうしまし・・え!?」運転手が手放し運転!?先輩「サイド引け!」車は急停止。先輩「足ふんばれ!」

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £40


209: 名無しさん@HOME 2012/05/09(水) 11:54:40.08
流れを読まずに投下させていただく。 

もう5年ほど前の修羅場。会社の借上寮に入居していた時のこと。 
深夜まで残業した真夜中、同じ寮に住んでる先輩二人とタクシーで帰宅することになった。 
運転手さんは70ぐらいの、愛想よく「夜中までお疲れ様ですねえ」とか言ってくれる人だった。 

俺が助手席、先輩は後ろに乗ってて、ああ高速降りたしもうすぐ着くなとウトウトしてたら、 
運転手さんが「うーん、うーん」って言い始めて、ハンドルから手離してむ*を押さえてる。 

続きを読む

【母は強し】父が事業に失敗。最悪の決断に。母『最後は綺麗にしたい。この子も一緒に(泣)』父の身勝手な提案にのってなかった母は、私を浴室の窓から…母「泣かないのよ!」

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £18


321: 名無しさん@HOME 2011/09/01(木) 23:26:15.99
シ体発見話ではなく 
あやうく発見される方になるところだった話 
いいですか?

322: 名無しさん@HOME 2011/09/01(木) 23:39:44.69
どうぞといわれなくても書いてしまうw 

私はそのとき幼稚園年長でほとんど記憶がないんだけど 
妙な切迫感だけは覚えてるんだよね… 

父が自営やってたんだけど失敗してにっちもさっちもいかなくなって 
早い話が一家心/中をしようということになった 

続きを読む

【危機一髪】医者『体内から大量の睡眠薬が出てます、心当たりは…?』俺「そういえば嫁の飯が・・」医者『あなたのために入院して、もしくは信頼出来る場所にいなさい」

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その18


165: 1/4 2017/05/04(木)12:44:17 ID:uTn
5年前の2月ごろから夕食後に睡魔に襲われてうっかり寝てしまうことが増えた俺(当時31)。
最初はこたつでうとうとなんていう可愛げのあるものだったけど、段々と寝る時間が増えてしまって、2、3時間ぐらい平気で寝てしまっていた。
よほど疲れているのかなと思ったけど、にしても週1から2回は多すぎるので医者に行って見てもらうと嫁(当時28)に言ったら「気にしすぎよ」と言われたから、まあそんなもんかと思いながら過ごしていた。

そんな生活が続いた一年半続いた3年前の夏に、嫁の飯が恐ろしくマズく感じた。

続きを読む
記事の検索
おにひめちゃんのTwitter
更新情報は配信。たまにどうでもいいこと呟きます。
おにひめちゃんのRSS
当サイトについて

■ピックアップ■

(*・∀・*)ノココからどうぞ☆↑↑

アンケート
用語集
◆鬼女
┗既婚女性
用語集ページはこちら
こんな記事も読まれています
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス解析