おにひめちゃんの監視部屋-鬼女、キチママ、修羅場、生活まとめ-

鬼女、修羅場、キチママなどを中心に、2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

おにひめちゃんのTwitter
更新情報は配信。たまにどうでもいいこと呟きます。
おにひめちゃんのRSS
当サイトについて

■ピックアップ■

(*・∀・*)ノココからどうぞ☆↑↑

アンケート
管理人伝言板
・2015年7月17日
※注意※
『おにひめちゃん』のレイアウトを模倣し、成りすました有害サイトがあるとのご報告を受けています。
当ブログとは一切無関係であり、ユーザーの皆様におかれましては何卒ご注意くださいますようご連絡申し上げます。

※削除記事について(※レス43連絡内容です)

※新年のご挨拶(※レス44連絡内容です!)
おすすめ記事
カテゴリー
月別アーカイブ
スポンサードリンク
最新鬼女ネタPICKUP!

バイト先

コンビニで。店員「お客様、お会計!」犯人「会計した!(大声」ジャージ男『いやいや…あなたずっと店をうろついてましたよね?』 →そこに警官がやってきて・・

引用元: 今までにあった修羅場を語れ【18】


149: 名無しさん@おーぷん 2016/06/07(火)11:38:07 ID:HC9
学生時代にバイトしていたコンビニで万引きに遭遇した。

そのコンビニはオーナー家族が経営していた商店をコンビニにした形態で、
店舗の奥に自宅スペースがあり、店舗にはバイトが1人、
忙しいときはオーナー家族が出てくるという状態で
でも住宅街にあったから割と暇で、客もほとんど顔見知りだったのでそれで問題なかった。

続きを読む !-- 続きを読む下広告 -->

新人イビリが生きがいのBBAのターゲットに!常にスルーをしていたら…ある日、廊下ですれ違い時に、B『痛っ!なに…自爆テロ?アルカ◯ダなの!!?』

引用元: 復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 5


555: 名無しさん@おーぷん 2017/09/14(木)22:36:22 ID:7Gk
どこのババアも似たようなものなのですね。

初書き、二連続でババアの話題、二人分なので長いと、
至らない点が多いとは思いますが暇つぶしにでもしていただければ幸いです。

一人目のババアは学生時代のバイト先(以下、嫌味ババアとします)
新人だった私は、休憩中に自慢げに語る
嫌味ババアの嫁いびり武勇伝にまったく興味を示せず、ポチポチとケータイをいじっておりました。

続きを読む

A「親が倒れたので早退します!(顔面蒼白」B『社会人なら仕事片付けてから帰って?自分さえ良ければいいの?』俺(いやいやいや) →社長「…B、きみ今日限りで ク ビ 」→

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £38


89: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/23(水) 16:45:03.22 ID:8hdWWg/l
きのうバイト先でタイムカードのチェック(筆記式で何故か新人バイトの俺が任されてる)
をやっていたら、正社員のAさんに連絡が来て親御さんが倒れたとの事だった。 

顔面蒼白で社長に早退の許可をとるAさんと、
残ってる業務の他の社員への割り振りで社内が軽く修羅場ってるときに、
学部の同期生でバイトの先輩でもあるBがやらかしてくれやがった。 

続きを読む

閉店間際に入店したカップル。男(床にコーヒーをぶちまける) → 笑い合う。そして『はい、やり直しー』店員(掃き掃除終わったのに…) 堪忍袋の緒がきれて・・・

引用元: あなたが遭遇したDQN客


703:   02/12/11 23:41 ID:74FCpeUJ
今日、バイト先で掃除してたら閉店間際に高校生カップルが入ってきた。 
雪もぱらつく中なんで暖を取りに来た様子でコーヒーとか飲んでた。 

仲間と一緒に掃き掃除終わってモップもすんでさあ後は閉店の放送だって時に、 

男のほうがカップ一杯分のコーヒーを床にぶち巻いて二人で大笑いしてやがった。 
それだけならいい。それだけならまだ我慢もする。たまにいるから。 
しかしながら「はい、やりなおしー。」とかいいやがったあたりで堪忍袋の緒がちぎれ飛んだ。 

続きを読む

【驚愕】バイト先の先輩『もうすぐ俺、結婚するんだよ。彼女、すごく可愛い子なんだ』女「違うんです、付き合ってない。お願いです…助けてください」

引用元: ◇修羅場◇part58


442: 恋人は名無しさん 2008/03/26(水) 12:43:42 ID:DCddfn6p0
ようやく書けた。投下 

俺男:都内大学生(18) 
山田菜美:都内大学生(18) 
吉村和夫:フリーター(27) 

大学に入ってしばらくした頃、 
今までバイトってものをやったことがなかった俺は 
人生経験のためにバイトを始めた。 

そのバイト先の先輩に吉村という男がいた。 
小太りで、服や髪は秋葉系の人だった。 
無口で冗談などはほとんど言わず 
自分の興味のあることだけを延々と話すような人で 
かなりとっつきにくい人だった。 

俺とシフトが重なったとき、吉村はよく俺に彼女の話をしてた。 

「もうすぐ俺、結婚するんだよ 
彼女、ストレートの黒髪で、すごくかわいい子なんだ」 

吉村はそんな話を延々と続けてた。 
一応バイトの先輩だし、他にこの人と盛り上がれそうな話題もなかったので 
俺はいつも聞き役に徹し、適当に相槌打ったりして時間が過ぎるのを待った。 

続きを読む
記事の検索
用語集
◆鬼女
┗既婚女性
用語集ページはこちら
こんな記事も読まれています
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス解析
スポンサードリンク