おにひめちゃんの監視部屋-鬼女、キチママ、修羅場、生活まとめ-

鬼女、修羅場、キチママなどを中心に、2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

おにひめちゃんのTwitter
更新情報は配信。たまにどうでもいいこと呟きます。
おにひめちゃんのRSS
当サイトについて

■ピックアップ■

(*・∀・*)ノココからどうぞ☆↑↑

アンケート
管理人伝言板
・2015年7月17日
※注意※
『おにひめちゃん』のレイアウトを模倣し、成りすました有害サイトがあるとのご報告を受けています。
当ブログとは一切無関係であり、ユーザーの皆様におかれましては何卒ご注意くださいますようご連絡申し上げます。

※削除記事について(※レス43連絡内容です)

※新年のご挨拶(※レス44連絡内容です!)
おすすめ記事
カテゴリー
月別アーカイブ
スポンサードリンク
最新鬼女ネタPICKUP!

オカルト

【ゾッ…】実家の納戸にある鏡に女の子がいた →僕「遊ぶ友達が欲しい」女の子『コッチへ来て遊ぼ?』 →『来れる方法わかったよ、明日遊ぼ?約束ね?』 →数十年後・・・

引用元: 洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part24


914: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/29 13:22

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。 
実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。 
弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じではありませんでした。 
父も母も祖父も、弟が生まれてから、以前ほど私をかまってくれなくなって、 
少し寂しかったのだと思います。 

とにかく、その頃の私は一人遊びで日々を送っていました。 

続きを読む !-- 続きを読む下広告 -->

【ゾッ…】夜遊びで学校へ →「肝試ししようぜ!^^」 →非常階段を使って屋上まで行き手を上げて戻ってくるというもの。4人目の時…「縁起悪いな」 →屋上で手を振ったら・・・

引用元: 洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?


224: 223です。 2000/08/09(水) 23:09

夜遊びをしていた中学生達四人組。 

学校にいってみようということになりました。 
体育館にあったバスケットシューズを盗んだり 
スプレーで所かまわず落書きをしていたそうです。 

そうこうしている内に肝試しをしよう、ということになりました。 

続きを読む

【修羅場】ママ友『旦那さんの身内で足のない人いる?』トメ「旦那の祖父が…」 →私「どうしてわかったの?」『階段に座ってるから…』 →さらに、衝撃発言でまさかの展開に・・・

引用元: 【恐怖】既女が語る恐い話【心霊】24


857: 可愛い奥様 2008/05/04(日) 21:47:42 ID:ZnNN0z5FO

以前、住んでいた家での事。 

ご近所の奥さんと仲良くなり遊びに来て貰った時 
「旦那さんの身内の方で足の無い人いる? 
ジコとかじゃなくて病気で切断した方」 
と聞かれ、旦那に聞いてみたけど「うーん?解らない」 

で、姑に聞いてみたら旦那の祖父が糖尿病で足をse**断したとの事。 

続きを読む

【驚愕】浮浪者の俺は、山中の神社(廃墟)に住んでいた →2年前、俺を襲った暴走族「オラァアアア!!」俺(シぬ!)・・すると、衝撃の展開が・・

引用元: シぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない200


220: 本当にあった怖い名無し 2008/10/26(日) 23:51:51 ID:nRpiE0H90
これは五年程前からの話です。当時、私は浮浪者でした。 

東京の中央公園で、縄張り争いに敗れて危うくコロされかけ。 
追放されたあと、各地を転々とし。最後に近畿地方の
とある山中の神社の廃墟に住まうようになりました。 
ふもとに下りてはなんでもやと称して里の人の手伝いをし。 
手間賃をいただいて食いつなぐ身の上でした。 

その生活の中で一番恐ろしかったのは、人間です。 

「何でも屋です。何が御用はございませんか」といっただけで
いきなり猟銃を向けられた事も御座います。 

「一度弾を込めたまま人間に向けてみたかったんだ。ほらよ」と
口止め料まがいの大金(恐怖に慄いた代金は一万円でした)を渡されましたね。 
付近を走る暴走族に「お前に人権はねえ」と追い回され。

棒切れで叩かれた挙句足が折れたこともございます。 

続きを読む

【閲覧注意】病気で女の子が他界 →母親『娘の写真は?どこ?』写真屋「現像に失敗して…」『生前の…最後に撮った写真なんです!!』 →そこにはなんと・・

引用元: シぬ程洒落にならない話集めてみない?PART3!


412: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/02/20(火) 19:00
ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。 

友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、 
その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろうとおもい、
病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。 

結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、
三ヶ月ともたずにその子はなくなってしまいました。 

葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、 
病院で撮った写真の事を思い出しました。それを現像に出し取りにいって 
見てみると、その写真が見つかりません。

続きを読む
記事の検索
用語集
◆鬼女
┗既婚女性
用語集ページはこちら
こんな記事も読まれています
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス解析
スポンサードリンク