引用元: ***** 私は見た!! 不幸な結婚式 45 *****


32: 愛とシの名無しさん 2008/01/13(日) 11:20:42
私は見てないが、親戚の結婚は大変だったらしい。戦後すぐの話だが今でも語り種だ。 

新郎宅での披露で、別室で準備をし、新郎列席者着座の広間に入った新婦が立ちすくんだ。 

着座を促されて、「違う!この人じゃない!」と新婦が叫んだ。 
騒然となる会場、「○○さんをどこにやった!」と新郎母に掴みかかる新婦。 




その結婚は家同士の意味合いが強く、列席者も事情知らない人が多かったが、
新婦と新郎母の掴みあい喚きあいから、段々事情がわかる。
新婦は新郎兄(妾腹)と恋仲で、結婚も新郎兄とで承諾した。
新郎母は「跡取り同士が結婚するのが当然!」と譲らず。

新婦両親は家業をその結婚で新郎家と合併しなければ潰してしまう状況。
で、両家ぐるみで新婦を騙して当日に持ち込んだらしい。

列席者親族、新婦派と家業大事派に別れ入り乱れての大乱闘。
数名が新郎家を家捜しし、納戸に軟禁されていた新郎兄を救出。
大乱闘に紛れて新郎兄と新婦が脱出、駆け落ち。

急遽新婦妹が新新婦となり結婚式続行。

新婦妹は元々新郎が好きだったそうだが、「代役じゃなく望まれて結婚したかった」と今でも言う。
今ではいい老夫婦だが結婚当初は新郎は冷たく、嫁いびりは辛い日々だったと。
駆け落ちした二人は未だに行方がわからない。


33: 愛とシの名無しさん 2008/01/13(日) 11:52:43
すげぇ…
つーかそれなら最初から妹を結婚させればよかったのにな。

36: 愛とシの名無しさん 2008/01/13(日) 14:05:58
>>32
とりあえず新婦妹乙

38: 愛とシの名無しさん 2008/01/13(日) 14:38:51
>33
跡取り同士を結婚とあるから妹じゃダメだったんじゃ?

47: 愛とシの名無しさん 2008/01/13(日) 18:06:40
>>38
新婦家は吸収合併されるわけで跡取りがどっちでも無問題だろうし。
新郎と新郎母さえ配慮があれば、
新郎と妹娘を跡取り同士ということでの結婚にしたうえで
新郎兄と姉娘は分家として勝手に結婚できただろうに

54: 愛とシの名無しさん 2008/01/13(日) 21:34:51
>>47
>>32を読む限り、新郎母に配慮はなさそうだし、長女=跡取りなんじゃ?
しかも掴み合いするような新郎母と新婦なのに嫁にしようとしたのは、
新郎弟は新婦のことを気に入っていたのではなかろうか

57: 愛とシの名無しさん 2008/01/14(月) 09:03:46
>>32は、妾腹の兄に対する本妻の悪意と、
正妻腹である新郎の屈折した優越感が読み取れて、

なんとも言えんものがあるな。











コメント一覧

    • 1.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2019年03月25日 14:42

    • 古い時代の人間の感覚を今の人間の価値観で考察してなんか意味があるんだろうかね。滑稽に感じる。
    • 2.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2019年03月25日 14:52
    • え、面白いじゃん、昔の価値観を今に引き比べて考察するの。
      それが滑稽だといいだしたら文学も映画もアートも何一つ意味なくなる。
    • 3.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2019年03月25日 17:10
    • 新郎弟も新婦を騙してた一人で、その新婦が逃げ出した後に生贄として差し出された新婦妹に対して申し訳ないという気持ちも、こんな若い女性と結婚できるという感謝もなく、何の罪もない女性に冷たい態度を取り続けてたとか性格悪いな
      新婦を騙さなければ結婚できないほどの不細工なんだろうし、顔だけじゃなくて性格も悪い
      新婦妹はこんなクズ男のどこに惚れてたんだ?
    • 4.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2019年03月25日 17:19
    • 戦後すぐ、の「すぐ」が終戦後どれぐらいかわからんが、その時期は結婚適齢期の男なんか戦地から復員したばかりでボロボロで結婚どころじゃなさそうだが
      庶民は出征前に結婚したし、士官だったらもっと真っ当な縁談だったろうし
      兄弟二人とも、戦争末期は滅多になかった丙種不合格なら、もう家まるごと非国民扱いでまともな縁談来ないだろうし
    • 5.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2019年03月26日 06:29
    • 後釜に入ってくれた妹を嫁いびりするとかゴミババアだな。
      新郎も最初の新婦予定に泣き叫ばれるほど嫌がられた分際で、妹に冷たく当たるとか何様だよ。
    • 6.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2019年03月26日 16:10
    • 新郎母のキチには呆れるが、
      我が子抱く前に妾腹の子を育てた本妻 となると真性キチに脳汚染された感染型キチの線が濃厚。
      自分を壊す前に妾の子なんか無視して離婚すりゃ良かったのにとも思うが、相当昔みたいで離婚したくても許されない時代だったのね。(新婦妹が報告者の祖母と匂わす書き方
      ゲスい事言えば、本妻にプリの子育てさすosuと簡単に我が子手放すmesuの血を引く新郎兄と駆け落ちで元新婦は幸せになれたのか心配。
    • 7.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2019年03月26日 17:36
    • たまに「結婚は別腹」って言う人がいるけど、これは少し違うね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

※試験的に、コメントを即時反映制にしました!
ただし過激な単語や内容に関しては、修正・削除することもありますのでご了承下さい。


コメント欄にてレスアンカーのポップアップ機能を追加しました!\(^o^)/