557: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/01(金) 17:37

高校のとき仲の良い友人が「週末、家に泊まらない」って誘ってきた。
「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。特に用事もなかったけど、
俺は断った。でもしつこく誘ってくる。「他をあたれよ」って言っても
なぜか俺だけを誘ってきた。

あまりにもしつこいので「なぁ、お前一人じゃ怖いのか?」
ってからかってみたら、急に黙り込んだ。「なんだ、図星か?」って追い討ちをかけて
みると、突然真面目な顔になって「なぁ、お前、幽霊って信じるか?」なんて言ってきた。
なんだこいつって思いながら「まぁ、見たことは無いけど、
いないとも言い切れないかな」って答えた。

「じゃぁさ、週末に家に来いよ。幽霊は、いるって解るよ」なんて言いやがる。
「ふ~ん・・・・で、見に来いっての?でも、止めとくよ」って言うと、泣きそうな顔で
「頼むよ、来てくれよ」って言う。「じゃぁ、具体的にどんな幽霊なんだ?」
って聞くと「毎晩12時くらいに階段を1段ずつ昇ってきてる。
そして週末にちょうど家の前に来るはずだ。

その時、一人なのが怖いんだ」って、本当に怖がりながら言うんだ。

しつこいのもあるけど、ちょっと面白そうだなって気持ちがあって「解った、行くよ」
って言うと、「ありがとう、ありがとう」って繰り返し言ってた。





558: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/01(金) 17:38

そんなこんなで、週末に友人宅(マンション)に訪れて他愛の無い話や、テレビを見た
り、ゲームをしたりして遊んでた。そして、23時半くらいになって幽霊の話を始めた。

「なぁ、幽霊が階段を昇って来るってどういうことだ?」
「一週間くらい前から、家の前の階段を昇って来る足音がするんだ。
でも俺にしか聞こえてない。親に言っても、そんな音は聞こえないって言う」
「んで、今日階段を昇りきるっていうの?」
「ああ、階段を数えたから間違いない。確かに今日、家の前に来る」
「通り過ぎるってことはないのか?まだ上もあるだろ?」
「それも考えられる、だけど家に来るかもしれない。それが怖いんだ」
「ふ~ん・・・」

などと話をしてると友人が
「おい、聞こえるだろ?足音」って言う。でも自分には何も聞こえない。
「全然聞こえないよ」
「なんでだよ、聞こえるだろっ、ほら、また一段昇っただろ!?」
「落ち着けって、何も聞こえないよ。気のせいだろう」
「なんでだよ、なんで聞こえないんだよ!ほら、ほらっ!」
「聞こえないって、落ち着けよ!」イラつきながらなだめようとする。
でも、もう友人はこっちの話を聞こうともしない・・・。

「止まった!!今、扉の前にいる!!!」
「じゃぁ、開けて見てこようか?」っていうと、激しく止めてきた
「止めてくれ!開けないでくれ!!いるんだ!そこにいるんだ!!」

559: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/01(金) 17:38

「大丈夫だろ!何も無いじゃないか!」こっちも語気を荒くしてなだめようとする。
すると、急におとなしくなったかと思うと友人は、こう言った
「・・・ダメだ、ずっとこっちを見てる。もう・・・逃げられないよ」
「!? おい、何言ってるんだ!? 何も無いだろう!? 大丈夫だろ!?」
友人の一言が、異常なほど恐怖心を駆り立てた。

「!! 叩いてる! 扉を叩いてるよ!!」って言ったかと思うと
「うおおおおおおおお」だか「うわあああああああ」だか叫びながら友人は
扉に向かって走っていった。あまりの突然のことに、俺は体が動かなかった。

友人は叫びながら、扉を開けて外へ出て行った。俺も慌てて追いかけたけど
間に合わなかった・・・友人は踊り場から身を投げていた。

訳が解らなかった・・・何が起きたのか・・・記憶に残ってるのは、
その後の警察の取り調べからだった。

何が起きたのか、どういう状況だったのか、自分の覚えてることを全て話した。
意外なことに、警察はあっさりしていた。もっと疑われると思ったからだ。


560: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/01(金) 17:39

意外なことはまだあった。警察官が呟いた一言だった。
「またか・・・・」

またか?何だ?またかって!?不自然な言葉を疑問に思って、聞いてみた。
「またか・・・って、どういうことですか?」
「・・・・・あまりこういうことは言わないほうがいいかも知れないけど、君も
関係者だし、知っていてもいいかもしれない」と話してくれた。

それは、友人のような自*(変死?)が初めてではないこと、同じ事が同じマンシ
ョンの同じ部屋で何度か起こっていること。原因が警察でも解らない事、など。
結局友人の死はノイローゼによる突発的な自*、ということになった。

悲しみというより、驚き、何がなんだか解らないまま、終わっていった。
結局友人は何を聞いて、何に恐怖していたのか・・・。

561: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/01(金) 17:39

全て終わったと思ったとき、電話があった。死んだ友人の母親からだった。

「夜分恐れ入ります。先日は、大変ご迷惑をおかけしました」
「あ、いえ、こちらこそ・・・」と言葉を探っていると
「あのぅ変なことを聞くかもしれませんが・・・家の息子は、確か死にましたよね?」
「え?」
何を言ってるんだろう、お通夜も、告別式もやったじゃないか。
まさか、息子を亡くしたショックでおかしくなってなってしまったのか・・・。
と、思ってると
「実は・・・今、扉を叩いてるんです・・・息子が!」


って話をまた聞きしました。
最後もあってるかどうか、ってことで
( ´∇`) ほんのり









コメント一覧

    • 1.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月05日 07:27
    • ( ´∇`) ほんのり
      じゃねーよ馬鹿野郎wwww
      泣くぞこの野郎www
      普通に怖いじゃねーかwwwww
      俺んちマンションの一階で良かった本当に良かった(´;ω;`)
    • 2.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月05日 08:34
    • 最後で一気に創作臭くなったな
    • 3.
    • 名無しのおにひげちゃん
    • 2014年04月05日 08:58
    • >( ´∇`) ほんのり
      ヾ(^_^)コラコラ(苦笑)
      又聞きですか(^_^;)
      タヒ者からの電話でオチ、って手塚治虫の短編にありましたって。
    • 4.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月05日 08:59
    • こう言う話を素直に「キャーこわーい☆」って思えるのって中学生くらいまでだよね、とふと思う私はアラサー。
      年取ったなぁ(´Д`)
    • 5.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月05日 08:59
    • お前らコメントしろよ
      俺一人みたいじゃないか
      俺一人なのか・・・
      俺しかいないのか
      そうカ
    • 6.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月05日 09:31
    • 最後までめっちゃ怖い……(((TдT )))
    • 7.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月05日 09:43
    • なんか読んでる内に『魔王』思い出した
    • 8.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月05日 16:45
    • 最後、ちょっと「猿の手」が混じってないか
    • 9.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月05日 18:53
    • お祓いしてみたら?
    • 10.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月06日 21:48
    • これ結構世にも奇妙な話とかで
      出れるんじゃない?
    • 11.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月08日 14:38
    • くっそつまらん
      学校の時点で創作とわかるので、まず部屋のシーンが白ける。
      次に
      >意外なことはまだあった。警察官が呟いた一言だった。
      >「またか・・・・」
      この一文でお腹一杯、読む気がなくなる。
      他の人も書いてるけど、これを怖がれるのって
      中学生ぐらいまでじゃないかな。
    • 12.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月12日 22:57
    • ※11
      お前のコメがくっそつまらん。
      くっそみたいだから白ける。
      白けるからお腹一杯、読む気がなくなる。
      他の人は書いてないけど11のコメをつまらんと思うのは
      11以外全員じゃないかな。
    • 13.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月17日 12:43
    • ※4
      アラフォーの俺は、なんで「お前んち泊めてくれ」じゃなかったのかに腹が立ってるw
      週末家にいなきゃいけないシチュエーションとか、外泊しても迫ってくる恐怖とか、階段の段数とか、もっとリアリティ出せよってね。
    • 14.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年04月19日 12:53
    • これ千原ジュニアの番組の怖かった話か何かで
      芸人が喋ってたやつだろ
    • 15.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年05月10日 15:26
    • すべらない話とかの○○な話シリーズのゾッとする話で誰か喋ってたね!
      昔から13階段は有名だよ~。
    • 16.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年05月15日 17:20
    • 他県に住む親戚(独身一人暮らし)が「つい最近、住んでいるマンションで住人が投身自*した」と言っていたが、その親戚も数ヶ月でマンション自室で自*したよ。
      自*の連鎖ってあるんじゃないのかな? オカルトな意味ではなく、心理的な意味で。
      自*を間近でみた悩める人が「こんな解決方法があるんだ(ピコーン」と目覚めるというか。
    • 17.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年05月17日 15:56
    • 素朴な疑問。この幽霊は毎週一段目から昇ってるってことは、昇ったあと一旦降りてるんだよね。それっていつ降りるんだろう?降りる足音は聞いていないようだから、眠りつくの待って降りてるんだろうか?昇る足音は相手に聞かせるように大きな音出すんだろうけど、降りるときは抜き足差し足で音を立てないように気をつけてるとしか思えない。なんとなく猫背になりながら、足音を気にしている幽霊を想像すると非常にシュールなものがある。
      ※この階段は毎週末午前0時から午前6時まで下り専用になります。とか書いて貼っとけば案外幽霊は昇って来られなかったりして。
    • 18.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年07月03日 22:53
    • ( ´∇`) ほんのり…じゃねーよバカ野郎!
      って思わせることが目的のように思えてきたwwwww
      バカ野郎www一気に吹き飛んだわwwwwww
    • 19.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年07月05日 09:42
    • 米17 飛び降りてるじゃんか
      そんでまた最初から上がってくるんやろ?
    • 20.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年07月11日 23:53
    • ばか野郎!!
      怖かった怖かった怖かった泣
    • 21.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年07月20日 22:59
    • すげー、つまらねー。
      超ウルトラ下らん。
      こんな出来の悪い創作で怖がれるなんて
      小学生ぐらいだろ。
    • 22.
    • 名無しのおにひめちゃん
    • 2014年09月16日 04:22
    • ※3 手塚治虫ってw 電信電話が普及した頃からこの手のネタはあるからw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

※試験的に、コメントを即時反映制にしました!
ただし過激な単語や内容に関しては、修正・削除することもありますのでご了承下さい。


コメント欄にてレスアンカーのポップアップ機能を追加しました!\(^o^)/